人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

一方、大会では、「国防科学研究部門と軍需工業部門に内在している欠陥と教訓も分析、総括された」という。「内在している欠陥と教訓」が何を意味するのか注目される。

大会には、太宗秀(テ・ジョンス)、努光鉄(ノ・グァンチョル)、張昌河(チャン・チャンハ)、全日好(チョン・イルホ)、洪承武(ホン・スンム)、ホン・ヨンチルの各氏と各道の党委員会委員長、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」型試射の成功に寄与したメンバーをはじめ、国防科学研究部門、軍需工業部門の科学者、技術者、労働者、活動家、人々が参加した。

太宗秀氏が報告を行い、「わが国の国防工業の歴史が金日成主席と金正日総書記の革命活動史、朝鮮労働党の革命歴史だ」とし、「金正恩委員長の戦略的な決断によって断行された二回にわたる水爆実験での完全な成功と『3・18革命』『7・4革命』、7・28の奇跡的勝利、11月29日の偉大な大勝利は国防工業発展の一大変革の時代を開き、強力な国防力を願っていたわが人民の古くからの宿望を立派に実現した民族史的大慶事、特大出来事である」と主張した。

    関連記事