北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は11日、同国が先月29日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」型を発射したことに対する韓国政府の対応を嘲笑する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、韓国政府が北朝鮮のICBM発射に対して「『挑発』『脅威』うんぬんを並べ立てて『糾弾決議案』を発表する、『対応措置』を講じるとして騒ぎ立てている」とし、「米・日の両宗主と通話して『連合防衛態勢による挑発抑止』と『最大の圧迫』を哀願しながらあわてふためいて奔走している」と指摘した。