北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は11日、同国が先月29日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」型を発射したことに対する韓国政府の対応を嘲笑する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、韓国政府が北朝鮮のICBM発射に対して「『挑発』『脅威』うんぬんを並べ立てて『糾弾決議案』を発表する、『対応措置』を講じるとして騒ぎ立てている」とし、「米・日の両宗主と通話して『連合防衛態勢による挑発抑止』と『最大の圧迫』を哀願しながらあわてふためいて奔走している」と指摘した。

これに対して、「民族の尊厳と自主権がいかに守られ、朝鮮半島の平和と安定がいかに保証されているのかも悟れない天下の馬鹿者らの醜態だ」と嘲笑した。

また、「共和国は大陸間弾道ロケット『火星15』型の試射に完全に成功したことによって、いかなる制裁・封鎖と軍事的圧殺策動もチュチェの核強国の前途を阻むことはできないということをはっきり示し、米本土全域を打撃できる強大な威力をあまねく誇示したと明らかにした」と強調した。

その上で、「民族に背を向け、外部勢力と結託して同族対決をこととするのは我が手で首を絞めるような愚かな妄動である」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 共和国の国力に度肝を抜かれた南朝鮮かいらいの醜態を嘲笑

【平壌12月11日発朝鮮中央通信】チュチェ朝鮮の剛勇な大陸間弾道ロケット「火星15」型試射の完全な成功によって絶望に陥った南朝鮮のかいらい当局者らが、「挑発」「脅威」うんぬんを並べ立てて「糾弾決議案」を発表する、「対応措置」を講じるとして騒ぎ立てている。

一方、米・日の両宗主と通話して「連合防衛態勢による挑発抑止」と「最大の圧迫」を哀願しながらあわてふためいて奔走している。

11日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは民族の尊厳と自主権がいかに守られ、朝鮮半島の平和と安定がいかに保証されているのかも悟れない天下の馬鹿者らの醜態だと嘲笑(ちょうしょう)した。

同紙は、共和国は大陸間弾道ロケット「火星15」型の試射に完全に成功したことによって、いかなる制裁・封鎖と軍事的圧殺策動もチュチェの核強国の前途を阻むことはできないということをはっきり示し、米本土全域を打撃できる強大な威力をあまねく誇示したと明らかにした。

かいらいの無謀な反共和国対決騒動はわが軍隊と人民の憎悪と敵愾心(てきがいしん)を百倍にし、自分らの悲惨な破滅を早めるようになるだけだと警告した。

同紙は、民族に背を向け、外部勢力と結託して同族対決をこととするのは我が手で首を絞めるような愚かな妄動であると強調した。---

    関連記事