北朝鮮の平安南道(ピョンアンナムド)、黄海南道(ファンヘナムド)、咸鏡南道(ハムギョンナムド)で2日と3日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」型の試射成功を祝う軍民交歓大会が行われた。朝鮮中央通信が3日、報じた。

「火星15」型の試射成功を祝う軍民交歓大会(2017年12月4日付労働新聞より)
「火星15」型の試射成功を祝う軍民交歓大会(2017年12月4日付労働新聞より)

大会には、地方の党、政権機関、勤労者団体、工場、企業所、農場、大学などの活動家と朝鮮人民軍(北朝鮮軍)、内務軍の将兵、各階層の人々、青年学生が参加した。

各大会では、朝鮮民主主義人民共和国政府声明が朗読されたのに続いて祝賀演説が行われた。

演説者たちは、「火星15」型の試射成功について、「共和国の戦略的地位を最上の域に引き上げた強大な力が誕生した全人民的大慶事であり、社会主義朝鮮の必勝の気概を全世界に誇示した特大出来事である」と強調した。

また、「朝鮮の尊厳と明るい億万年の未来を与えた最高指導者金正恩委員長に最大の栄光と最も熱烈な祝賀のあいさつをささげた」という。

さらに、「白昼強盗の米帝があくまでもこの地に核戦争の火雲をもたらすなら、米国という土塊を地球上から跡形もなく吹き飛ばしてしまう」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

平安南道、黄海南道、咸鏡南道の軍民交歓大会

【平壌12月3日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党の指導の下で国家核戦力完成の歴史的大業、ロケット強国偉業を立派に実現した偉大な大勝利を祝賀する平安南道、黄海南道、咸鏡南道の軍民交歓大会が2日と3日、各々行われた。

地方の党・政権機関、勤労者団体、工場・企業所、農場、大学などの活動家と朝鮮人民軍、朝鮮人民内務軍の将兵、各階層の人々、青年学生が大会に参加した。

両大会では、共和国政府声明が朗読されたのに続いて祝賀演説が行われた。

各演説者は、朝鮮労働党の政治的決断と戦略的決心に従って断行された新型の大陸間弾道ロケット「火星15」型試射の大成功は共和国の戦略的地位を最上の域に引き上げた強大な力が誕生した全人民的大慶事であり、社会主義朝鮮の必勝の気概を全世界に誇示した特大出来事であると強調した。

また、国家核戦力完成の歴史的大業を実現して朝鮮の尊厳と明るい億万年の未来を与えた最高指導者金正恩委員長に最大の栄光と最も熱烈な祝賀のあいさつをささげた。

そして、国防科学部門の戦闘員のように党と革命、祖国と人民のための決戦に立ち上がって経済強国、文明強国の建設と人民生活向上の各部門で大高揚の炎を燃え上がらせて民族的大出来事によって充満した意義深い今年を立派に締めくくることについて語った。

さらに、白昼強盗の米帝があくまでもこの地に核戦争の火雲をもたらすなら、米国という土塊を地球上から跡形もなく吹き飛ばしてしまうと述べた。---

    関連記事