北朝鮮外務省米国研究所の研究者のチョン・ナムヒョク氏が24日、「米国の核恐喝・威嚇はこんにち、さらに危険極まりない域に至っている」とする論評を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「トランプが大統領の帽子をかぶってから1年もならない期間、米国の戦略資産投入が従来に比べてその回数と規模、内容においてより挑発的かつ危険な性格を帯びて強行された」と述べた。

また、「これらの動きが任意の時刻に共和国に対する実際の核先制攻撃と全面戦争挑発へつながらないといういかなる保証もない」と強調した。