北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、トランプ米政権が「われわれに対する『核攻撃』説に信ぴょう性を付与する世論を流している」と非難する論評を配信した。

論評は、今年8月に核兵器を搭載できる米国のB52戦略爆撃機が、日本の航空自衛隊と共同訓練を実施したことが明らかになったことなどを取り上げて、「われわれとの核戦争のための実際の準備態勢を整えているという情報を流している」と指摘した。

つづけて、「トランプ一味のこのような動きは一言で言って、核戦争の威嚇でわれわれを圧迫して核戦力建設の最終完結段階措置を講じられないようにするということである」と述べた。

こうした動きに対して、「もし、米国が国家核戦力の完成を目指すわれわれの自衛的措置に言い掛かりをつけてあくまでも核戦争を強要しようとするなら、われわれは躊躇せず米国が対応できない核打撃で応え、米国という悪の帝国を地球上から永遠に一掃するであろう」と威嚇した。

さらに、「わが軍隊は、1968年の『プエブロ』号事件(注1)と1976年の板門店事件(注2)をはじめ、米国との相異なる形態の対決戦で核兵器なしにもヤンキーらに降伏書を書かせた英雄的軍隊である」と強調した。

その上で、「こんにち、わが国家は尊厳ある核強国、世界的な軍事大国であり、米国がわれわれを核で威嚇していた時代は永遠に過ぎ去った。トランプは、火を好む者は火に焼け死ぬという言葉を銘記する方がよかろう」と警告した。

(注1)プエブロ号事件とは、1968年1月23日に北朝鮮の元山港沖で米国の武装情報船プエブロ号が北朝鮮軍に拿捕された事件のこと。

(注2)1976年の板門店事件とは、非武装地帯内の共同警備区域内に植えられていたポプラ並木の剪定をめぐり、北朝鮮軍が米韓軍を襲撃した事件。ポプラ事件と言われている。北朝鮮軍の襲撃によって米軍兵士2名が殺害され、韓国軍兵士数名が負傷した。第2次朝鮮戦争の引き金になりかねない事件だったが、北朝鮮の金日成主席が「遺憾の意」を表して謝罪したことにより事態は収まった。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

米国はわれわれに対する核戦争の威嚇を取りやめるべきだ 朝鮮中央通信社論評

【平壌11月24日発朝鮮中央通信】チュチェ朝鮮の核戦力完成大業が目前に近づいた今、米国がわれわれの前進を阻もうと稚拙に振る舞っている。

国家核戦力の完成を目指すわれわれの行動措置が既定事実化されている中、最近、トランプ一味はわれわれに対する「核攻撃」説に信ぴょう性を付与する世論を流している。

米軍核戦力出身の退役軍人を推し立てて米国の核打撃執行手順を一々メディアに公開し、「トランプ大統領が北朝鮮に核兵器を使用すべき時点だと決心するようになれば、彼はすでにテーブルの上に存在する計画を選択」するであろうし、「その決定を中断させるのはほとんど不可能だ」とけん伝した。

一方、去る8月、米空軍のB52核戦略爆撃機が朝鮮半島の周辺で日本航空「自衛隊」と共にわれわれを狙った核爆撃訓練を行ったのをメディアに流すなど、われわれとの核戦争のための実際の準備態勢を整えているという情報を流している。

トランプ一味のこのような動きは一言で言って、核戦争の威嚇でわれわれを圧迫して核戦力建設の最終完結段階措置を講じられないようにするということである。

結論から言えば、米国は自分の相手が誰かということからはっきり知って慌て回る方がよい。

もし、米国が国家核戦力の完成を目指すわれわれの自衛的措置に言い掛かりをつけてあくまでも核戦争を強要しようとするなら、われわれは躊躇(ちゅうちょ)せず米国が対応できない核打撃で応え、米国という悪の帝国を地球上から永遠に一掃するであろう。

米国が1960年代にキューバ危機から味を占めたことに未練を持って、朝鮮半島で第2のキューバ危機を再現してわれわれを屈服させられると思うなら、それより大きな誤算はない。

朝鮮半島はカリブ海地域ではないし、そのうえわが人民軍は米国の核威嚇・恐喝に驚いて握っている核兵器を手放す類の気が弱い人々ではなく、敵撃滅の勢いが天についた百戦百勝の強兵である。

わが軍隊は、1968年の「プエブロ」号事件と1976年の板門店事件をはじめ、米国との相異なる形態の対決戦で核兵器なしにもヤンキーらに降伏書を書かせた英雄的軍隊である。

領袖、党、大衆の渾然一体を成した強大な朝鮮を屈服させる力はこの世になく、朝鮮の勝利はいつも朝米対決戦の歴史が見せた哲理である。

こんにち、わが国家は尊厳ある核強国、世界的な軍事大国であり、米国がわれわれを核で威嚇していた時代は永遠に過ぎ去った。

トランプは、火を好む者は火に焼け死ぬという言葉を銘記する方がよかろう。---

    関連記事