北朝鮮の金正恩党委員長が勝利(スンリ)自動車連合企業所を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が21日、伝えた。

【画像】勝利自動車連合企業所を現地指導した金正恩氏

同通信は、勝利自動車連合企業所は「党が与えた新型トラック生産課題を立派に遂行した」と評した。

金正恩氏は、同工場の施設を見て回り、1965年5月16日、勝利自動車連合企業所の前身である徳川(トクチョン)自動車工場で生産した「勝利58」型トラックを見る金日成主席と金正日総書記の写真を深い感慨の中で見ながら、「実に意義深い写真だ、主席と総書記の賢明かつ細心な指導によって連合企業所はこれまでさまざまな型の数多くのトラックを生産して国の経済発展と国防力強化に大いに貢献することができた」と述べた。