北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は19日、米海軍と韓国海軍が合同演習を行ったことを非難する署名入りの論評を掲載した。

米韓両軍は、今月11日から14日にかけて、日本海で合同演習を行った。演習には、米海軍の原子力空母3隻が参加し、韓国海軍もはじめて参加した。

(関連記事:米空母3隻、韓国海軍と合同演習を開始…北朝鮮に圧力

論評は、「米国とかいらい好戦狂らの連合海上訓練は老いぼれ狂人トランプの南朝鮮訪問以後に強行された軍事的挑発行為として朝鮮半島の情勢激化の主犯が果たして誰であるかを世界の面前で再度はっきりと示している」と述べた。