また、「こんにち、朝鮮半島が険悪な戦争局面に瀕し、この地に核戦争の黒雲が濃く漂っている根本原因はほかならぬ米国の時代錯誤の対朝鮮敵視政策と戦争挑発策動のためだ」と強調した。

さらに、「朝鮮半島の情勢を故意に緊張させる張本人である米国とそれに阿諛屈従し、宗主との軍事的共謀・結託強化に執着するかいらいの北侵戦争野望はいつになっても変わらないということをはっきりと実証している」と述べた。

その上で、「米国の北侵野望を完全に破たんさせる実際の力はいかなる侵略者も一気に掃滅できる強大な軍事力にある」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事