また、「問題は南朝鮮の現かいらい執権勢力が米国と共謀、結託して反共和国圧殺策動に血眼になって狂奔することによって、そうでなくても緊張した朝鮮半島情勢をよりいっそう激化させていることだ」と非難した。

さらに、「米国とかいらいが反共和国制裁・圧迫を強めれば、われわれがすでに選択した道から退くと打算するのは実に愚かさの極みだ」と述べた。

その上で、「われわれの勝利が科学であるように、米国の反共和国圧殺策動が終局的破たんを免れないのは歴史の必然である」とし、「われわれが行く道は勝利の道であり、時間も正義もわれわれの側にある」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事