北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は18日、米国と韓国が「緊張した朝鮮半島情勢をよりいっそう激化させている」とする署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、トランプ米大統領がアジア歴訪中に「行く先々で国連『制裁決議』を十分に履行し、朝鮮との外交関係を断絶したりレベルを落としたりし、全ての貿易・技術交流を中止しろと青筋を立てた」とし、「共和国の自衛的核抑止力に『脅威』と言い掛かりをつけて自分らが『必要であれば軍事力を使用する準備』ができていると気炎を吐いた」と指摘した。

つづけて、「米国のヒステリックな反共和国圧殺策動はわれわれの自主権と生存権、発展権を完全に抹殺するための白昼強盗さながらの犯罪行為だ」と糾弾した。