北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は15日、署名入りの論評で米国は北朝鮮の核保有を認めて尊重せよと主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「トランプのアジア訪問と時を同じくして米国の朝鮮問題専門家らとメディアの中からトランプ行政府が朝鮮問題に関連する選択を変えるべきだという声が強く響き出ている」と述べた。

また、「米国の核威嚇・恐喝は決してわが国家が核を保有した時から始まったのではない」とし、「わが共和国をして核で米国に立ち向かわない限り、米国の核威嚇・恐喝を終息させることができず、戦争の危険をなくすこともできないという結論を下すようにした」と主張した。