北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は14日、署名入りの論評で同国の非核化を期待すべきでないと主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、米国の対外政策研究機関や元ホワイトハウス国家安保補佐官などが、「北朝鮮を核保有国に認めることこそ情勢を安定させ、戦略的錯誤を防ぐことのできる唯一で合理的な方法だ」と主張したことに言及した。

これについて、「極端な対朝鮮敵視政策によって朝鮮半島の核問題解決を破綻させたトランプ行政府の無知な『狂人戦略』に対する辛らつな批判であると見るべきであろう」と指摘した。

また、「米国のエスカレートする反共和国孤立・圧殺策動から国の最高の利益と人民の安全を守るために、朝鮮労働党は並進路線を国の戦略的路線に提起して経済建設と核戦力建設に拍車をかけてきた」と主張した。

つづけて、「しかし、トランプ一味は何の打算もなしに無鉄砲に『朝鮮半島非核化』を自分らがやり遂げるかのように威張りながら、われわれとの対決狂気をよりいっそう強めた」と非難した。

その上で、「われわれの非核化を期待するということは煮た卵からひよこがかえるのを待つような荒唐無稽な愚行だと言わざるを得ない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 朝鮮の非核化を期待するのは荒唐無稽な愚行

【平壌11月14日発朝鮮中央通信】最近、米国の「アメリカン・コンサーバティブ」誌、「ワシントン・ポスト」紙と米国の主要対外政策研究機関である「米国対外政策理事会」の上級研究員、元ホワイトハウス国家安保補佐官などは、北朝鮮の非核化は非現実的であり、「北朝鮮を核保有国に認めることこそ情勢を安定させ、戦略的錯誤を防ぐことのできる唯一で合理的な方法だ」と主張した。

14日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、これは極端な対朝鮮敵視政策によって朝鮮半島の核問題解決を破綻させたトランプ行政府の無知な「狂人戦略」に対する辛らつな批判であると見るべきであろうと強調した。

同紙は、米国のエスカレートする反共和国孤立・圧殺策動から国の最高の利益と人民の安全を守るために、朝鮮労働党は並進路線を国の戦略的路線に提起して経済建設と核戦力建設に拍車をかけてきたとし、次のように明らかにした。

米国は、先任者らが追求してきた対朝鮮政策の失敗から当然な教訓をくみ取り、正しい方向で問題解決の出路を見出すために努力すべきであった。

しかし、トランプ一味は何の打算もなしに無鉄砲に「朝鮮半島非核化」を自分らがやり遂げるかのように威張りながら、われわれとの対決狂気をよりいっそう強めた。

こんにちになって、トランプ一味が引き続き対朝鮮敵視政策に執着するほど、より苦しい立場に陥るようになるのは火を見るより明らかである。

万人が主張するように、こんにちになってわれわれの非核化を期待するということは煮た卵からひよこがかえるのを待つような荒唐無稽(こうとうむけい)な愚行だと言わざるを得ない。---

    関連記事