北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は10日、米国に対して「非核化協商は夢も見てはならない」とする署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、トランプ米大統領と米軍部上層などが、「『北の態度変化』を導き出すためには『軍事的選択案』も準備し、国際的な『包囲封鎖』と共に『全面密着式圧迫外交』をいっそう強めなければならないと言い触らしている」と指摘した。

これに対して、「暴悪に襲い掛かる白昼強盗の前で自ら膝を屈しろということ同様の破廉恥な詭弁である」と糾弾した。

つづけて、北朝鮮の核保有について、「いかなる対話のテーブルに上げる駆け引き物でもないし、わが革命の最高の利益と民族の安全を守るための最上の戦略的選択である」と主張した。

さらに、「米国は、われわれが自分らの強盗さながらの要求に応じるだろうという間抜けな妄想を捨て、特に、われわれとの非核化協商は夢も見てはならない」と強調した。

その上で、「われわれは対話に反対しないが、わが共和国の最高の利益と人民の安全に関連する問題を絶対に駆け引きのテーブルに上げないし、そのような対話と協商にはいささかの関心もない」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 朝鮮との非核化協商を米国は夢も見てはならない

【平壌11月10日発朝鮮中央通信】先日、米国務省副長官と対朝鮮政策特別代表なる者は「圧迫を通じて北を前提条件をつけずに協商に出るようにする」のが自分らの目標だの、「北と協商をするなら前提条件なしに真摯で、信頼できる協商」をすべきだのと力説した。

そうかとすれば、戦争狂トランプと米軍部上層は国務省の主張通り「前提条件のない非核化協商」に出るように「北の態度変化」を導き出すためには「軍事的選択案」も準備し、国際的な「包囲封鎖」と共に「全面密着式圧迫外交」をいっそう強めなければならないと言い触らしている。

10日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、これは暴悪に襲い掛かる白昼強盗の前で自ら膝を屈しろということ同様の破廉恥な詭弁(きべん)であると糾弾した。

論評は、朝鮮の核保有は米国の核恐喝と対朝鮮敵視政策がもたらした必然的帰結として、急変する情勢に対処するための一時的な対応策でもなく、いかなる対話のテーブルに上げる駆け引き物でもないし、わが革命の最高の利益と民族の安全を守るための最上の戦略的選択であると明らかにした。

米国は、われわれが自分らの強盗さながらの要求に応じるだろうという間抜けな妄想を捨て、特に、われわれとの非核化協商は夢も見てはならないと指摘した。

論評は、われわれは対話に反対しないが、わが共和国の最高の利益と人民の安全に関連する問題を絶対に駆け引きのテーブルに上げないし、そのような対話と協商にはいささかの関心もないと強調した。---

    関連記事