各企業は、北朝鮮労働者を辞めさせざるを得ない状況に追い込まれた。当局の姿勢を見て「北朝鮮労働者を雇うのは当面無理だろう」と判断し、対策に乗り出した。それは、黄海を挟んで遼寧省と向かい合い、1億に迫る人口を擁する山東省から労働者を受け入れることだ。

山東省の労働者の魅力は、賃金の安さにある。月給は2500元から3000元(約4万3000円〜5万2000円)で、北朝鮮労働者に支払っていた額とほぼ同じだ。また、北朝鮮労働者とは違い、管理に手間がかからないというメリットもあると思われる。

丹東の企業が人手を求めているという話が広まり、山東省からは労働者が続々と向かっているとのことだ。

企業の担当者は胸を撫で下ろしつつも、いつかは北朝鮮労働者に帰ってきてほしいと願っているという。

    関連記事