つづけて、「その分際で、あえて誰それの『人権』についてうんぬんして幼稚な茶番劇に執着するのは、人間の真の権利と福利を最上の域で保障するわが共和国に対する我慢できない愚弄、冒とくである」と非難した。

さらに、「朝米対決における重なる惨敗を挽回するために、米国が図体にふさわしくなく人間のくずにまで頼って起こしているのがほかならぬ反共和国『人権』騒動である」と強調した。

その上で、「米国が青筋を立てて『北の人権』のほらを吹いても、それは月夜に吠える犬声同様であり、わが軍隊と人民は誰が何と言おうと自ら選択した自主と正義の道へ力強く進むであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事