北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は9日、米国が「反共和国『人権』騒動に執着し続けている」と糾弾する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「世界で最も劇甚な人権廃虚地帯である米国は、もともと誰それの『人権』について口にする資格やメンツもない」と述べた。

また、「自国内だけでなく、世界各地でも殺りくと放火、強奪をはじめ歯ぎしりする反人倫的犯罪行為をはばかることなく働く特等人権犯罪国がほかならぬ米国である」と指摘した。

つづけて、「その分際で、あえて誰それの『人権』についてうんぬんして幼稚な茶番劇に執着するのは、人間の真の権利と福利を最上の域で保障するわが共和国に対する我慢できない愚弄、冒とくである」と非難した。

さらに、「朝米対決における重なる惨敗を挽回するために、米国が図体にふさわしくなく人間のくずにまで頼って起こしているのがほかならぬ反共和国『人権』騒動である」と強調した。

その上で、「米国が青筋を立てて『北の人権』のほらを吹いても、それは月夜に吠える犬声同様であり、わが軍隊と人民は誰が何と言おうと自ら選択した自主と正義の道へ力強く進むであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 米国の反共和国「人権」茶番劇を糾弾

【平壌11月9日発朝鮮中央通信】9日付の「民主朝鮮」紙は、米国がいまだにすでに駄目になった反共和国「人権」騒動に執着し続けていることに関連して、それを糾弾する署名入りの論評を掲載した。

論評は、これは日ごとに高まる共和国の対外的権威をあくまでもこき下ろし、われわれの体制を抹殺するための許しがたい挑発として、わが軍隊と人民のこみ上げる憤激をかき立てていると明らかにした。

また、世界で最も劇甚な人権廃虚地帯である米国は、もともと誰それの「人権」について口にする資格やメンツもないとし、次のように指摘した。

自国内だけでなく、世界各地でも殺りくと放火、強奪をはじめ歯ぎしりする反人倫的犯罪行為をはばかることなく働く特等人権犯罪国がほかならぬ米国である。

その分際で、あえて誰それの「人権」についてうんぬんして幼稚な茶番劇に執着するのは、人間の真の権利と福利を最上の域で保障するわが共和国に対する我慢できない愚弄、冒とくである。

米国が底をついた反共和国「人権」騒動にいまだにしつこく執着するのは一国、一民族を地球上から完全になくそうとする極悪非道な腹黒い下心の発露である。

朝米対決における重なる惨敗を挽回するために、米国が図体にふさわしくなく人間のくずにまで頼って起こしているのがほかならぬ反共和国「人権」騒動である。

米国がこのような醜くて卑劣な謀略劇で何かを期待しようと打算したなら、それは完全な誤算である。

論評は、米国が青筋を立てて「北の人権」のほらを吹いても、それは月夜に吠える犬声同様であり、わが軍隊と人民は誰が何と言おうと自ら選択した自主と正義の道へ力強く進むであろうと強調した。---

    関連記事