北朝鮮の朝鮮中央通信は先月31日、トランプ米大統領を非難する論評を配信した。今月上旬に、日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピンのアジア5か国を歴訪するトランプ氏へのけん制と見られる。

一方、トランプ氏は、訪韓する際、歴代米大統領の恒例となっていた南北軍事境界線がある非武装地帯(DMZ)の視察を見送ることを明らかにした。米政権内部では、トランプ氏のDMZ視察について、北朝鮮を刺激する恐れがあるとして、慎重論が出ていた。

論評は、トランプ氏が米国のフォックス・ニュースとのインタビューで、「『北の挑発』に対して信じられないほど完全に準備されている。どれほどよく準備されているのかを知るようになれば『大きな衝撃』を受けるだろうと大口をたたいた」と指摘した。

つづけて、「おそらく、トランプとしては朝鮮を大きく脅かし、日本や南朝鮮のような手先らの士気をもり立てて『威勢』を張ろうとしているようだ」と主張した。

また、トランプ氏は「対朝鮮制裁・圧迫へと全世界をせき立ててあらゆるあがきをしているが、何の効果も見られずにいる」とし、「むしろ、世界の面前で核戦争狂信者の正体だけをあらわにして『治癒不能の精神病者』という診断だけを受けた」と述べた。

さらに、「『中国の対北制裁参加に対して肯定的に評価し、督励』する、『中国が北の問題において本当に米国を助けている』と下人をおだてるかのように言って面映く機嫌を取るトランプの言動は卑劣極まりない」とし、米国の対北朝鮮圧力に同調する中国をけん制した。

その上で、「無知無能な者であるほど、虚勢を張るものである。米国は今、わが国家核戦力の威力について熟考すべき時期にある」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

言葉で虚勢を張る時ではない 朝鮮中央通信社論評

【平壌10月31日発朝鮮中央通信】好戦的で責任を負えない下品な言葉をむやみに吐くことで有名になったトランプの口がまた何かしでかした。

数日前、フォックス・ニュースとのインタビューで、トランプは米国が「北の挑発」に対して信じられないほど完全に準備されているとし、どれほどよく準備されているのかを知るようになれば「大きな衝撃」を受けるだろうと大口をたたいた。

平和を論じる国連舞台でまで主権国家に対する「完全破壊」という妄言を並べ立てて全世界の驚愕をそそったのを考えると、別に驚くべきことでもない。

しかし、アジア訪問を控えてまたもやこのような忌まわしい言葉を吐いたことについて評せざるを得ない。

おそらく、トランプとしては朝鮮を大きく脅かし、日本や南朝鮮のような手先らの士気をもり立てて「威勢」を張ろうとしているようだ。

しかし、それはトランプが朝鮮のためにとても悩んでおり、窮地に追い込まれているということを実証するだけである。

今、トランプは「暴風前の静寂」「ただ一つの効果的方案」などの朦朧(もうろう)とするほらを吹き、朝鮮半島水域に原子力空母打撃団をはじめとする膨大な戦略装備を投入する一方、対朝鮮制裁・圧迫へと全世界をせき立ててあらゆるあがきをしているが、何の効果も見られずにいる。

むしろ、世界の面前で核戦争狂信者の正体だけをあらわにして「治癒不能の精神病者」という診断だけを受けた。

先日、米CNN放送が関係機関に依頼して施行した世論調査によると、応答者の63%がトランプの対朝鮮政策が「緊張を高調させる慎重でないもの」と非難した。

米政界でトランプが朝鮮問題から手を引かなければならないという主張が強く出て、対朝鮮専門家らは数十年間にわたって解決できなかった「北の核問題」をトランプが即興的な幾つかの単語で解決しようとしているとし、朝鮮との対決は能力と判断力を備えた大統領にも非常に難しい挑戦となるが、トランプがその役を演じるにはあまりにも無能であると評している。

このような分際で、「完全準備」「大きな衝撃」などと言って大きな事でもしでかすかのように振る舞うのを見れば、確かにトランプには精神医学上の助けが絶対的に必要であるようだ。

特に、「中国の対北制裁参加に対して肯定的に評価し、督励」する、「中国が北の問題において本当に米国を助けている」と下人をおだてるかのように言って面映く機嫌を取るトランプの言動は卑劣極まりない。

トランプの口から乱暴な妄言が時を構わず吐かれるのは、朝鮮に自分の狂った戦略が通じず、威力がいっそう強まることに不安と危惧を感じることからくるヒステリー発作症である。

無知無能な者であるほど、虚勢を張るものである。

米国は今、わが国家核戦力の威力について熟考すべき時期にある。---

    関連記事