つづけて、「おそらく、トランプとしては朝鮮を大きく脅かし、日本や南朝鮮のような手先らの士気をもり立てて『威勢』を張ろうとしているようだ」と主張した。

また、トランプ氏は「対朝鮮制裁・圧迫へと全世界をせき立ててあらゆるあがきをしているが、何の効果も見られずにいる」とし、「むしろ、世界の面前で核戦争狂信者の正体だけをあらわにして『治癒不能の精神病者』という診断だけを受けた」と述べた。

さらに、「『中国の対北制裁参加に対して肯定的に評価し、督励』する、『中国が北の問題において本当に米国を助けている』と下人をおだてるかのように言って面映く機嫌を取るトランプの言動は卑劣極まりない」とし、米国の対北朝鮮圧力に同調する中国をけん制した。

    関連記事