北朝鮮当局は最近、古くなった電気メーターを新しいものに交換する事業を急ピッチで進めている。それも、交換を怠れば居住者に多額の罰金を科すほどの力の入れようだ。その理由を、平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋が探った。

北朝鮮当局が定めた料金体系によると、月々の一般的な電気料金は33北朝鮮ウォン。日本円で1円にもならない激安料金だ。計画経済が曲がりなりにも機能していた時代に、公共料金がタダ同然の料金に抑えられていたことの名残だ。

無料の道路に「料金所」出現

ところが、メーターは自費での設置が求められる。それも24万北朝鮮ウォン(約3120円)、なんと606年分の電気料金に相当する。当局が法外な請求をしているのではなく、電気料金が非現実的に安いために起こる現象だが、それでも24万北朝鮮ウォンは40キロ近いコメが買える額だ。

    関連記事