北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は27日、署名入りの論説で「米国の対朝鮮敵視政策の敗北は必然的」と主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、敗北の理由として「われわれの体制が容易に崩壊するという愚かな妄想に基づいた政策であるためだ」と指摘した。

また、「成功の塔だけを築き上げてきた朝鮮労働党と国家の路線と政策に対する無知から発しているはかない政策であるためであり、朝鮮の運命が誰それによって左右され得るというとんでもない誤った判断に基づいた政策であるためだ」と述べた。