北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は25日、韓国統一省を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、統一省の当局者が、韓国国会の国政監査で「自分らが朝鮮半島問題の『核心当事者』として『核問題の根本的で平和的解決を推進』すると唱えた」「国際社会と共に『強力な制裁・圧迫』で『北を非核化協商のテーブルに牽引』するだのと力説した」と指摘した。

これに対して、「身のほどもわきまえられない実にせん越な行為だ」とし、「かいらい統一部の連中が自分らの哀れな境遇をわざわざ否認しながらいくら『当事者』うんぬんを並べ立て、何かをするかのように虚勢を張っても変わるのは何もない」と強調した。