今回の事実上の配給停止が一時的なものかどうかは今の時点ではわからないが、仮に長期化すれば、地方住民より生活力のない平壌市民の間で餓死者が出ることも充分に考えられる。

(参考記事:「街は生気を失い、人々はゾンビのように徘徊した」…北朝鮮「大量餓死」の記憶

実際、1990年代の大飢饉「苦難の行軍」においても、都市住民の犠牲が少なくなかったとされる。自分の手で農産物を作っている地方の農場員たちは、当局の目を盗んで食べ物を隠しておくこともできるが、それによって都市への供給が途絶えたら、都市住民は干上がるしかないからだ。

大飢饉が終わって以降、平壌では大型建設が相次ぐなど、はた目には華やかな発展を遂げてきた。

    関連記事