英国・ロンドン駐在の北朝鮮大使館が、多額の交通反則金、罰金を滞納していると英国メディアが報じている。

英国のボリス・ジョンソン外相は11日、英国駐在の外国公館と国際機構が滞納している駐車料、混雑通行料に関する統計を発表した。

それによると、北朝鮮大使館は、昨年1年間の駐車違反の反則金4565ポンド(約68万円)を滞納している。また、2003年2月から2016年末までの混雑通行料25万5675ポンド(約3816万円)も滞納している。

オバマ氏一行にも罰金

しかし、滞納しているのは北朝鮮だけではない。多くの大使館が外交官への免税を定めた1961年のウィーン条約をたてに支払いを拒否している。

    関連記事