北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は15日、米国は「平和と安全を脅かす張本人、最大の癌的存在」とする署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「米国の核実験再開の動きは平和と安全に対する人類の強烈な志向を踏みにじって核で国際社会を威嚇、恐喝し、核で全世界を支配しようとする許せない犯罪行為である」と糾弾した。

また、「米国は地球上で真っ先に核兵器を開発し、人類に残酷な核惨禍を浴せかけた唯一の核戦犯国であり、世界的な核拡散犯罪国である」と非難した。

さらに、「米国が核で世界の平和を蹂躙してきた自分らの歯ぎしりする罪悪は棚上げにし、かえって他国に言い掛かりをつけながら『世界の平和と安全保障』の看板の下で核実験の再開を合理化しようとすることこそ、ヤンキー式破廉恥さの極みである」と主張した。

その上で、「世界の平和と安全を脅かす張本人、最大の癌的存在は、ほかならぬ米国である」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 米国の核実験再開の動きを糾弾

【平壌10月15日発朝鮮中央通信】米国が核実験を再開しようとする動きを見せている。

トランプがホワイトハウスに巣くった後、世界が「米国の力に対する分別力」を持つ時まで「核能力を大きな幅で強化」すべきだと唱えたのと時を同じくして、古びた核兵器の近代化と新型核兵器の開発に拍車をかけながら核実験を再開すべきだという主張がまたもや出ている。

15日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、米国の核実験再開の動きは平和と安全に対する人類の強烈な志向を踏みにじって核で国際社会を威嚇、恐喝し、核で全世界を支配しようとする許せない犯罪行為であると糾弾した。

論評は、米国は地球上で真っ先に核兵器を開発し、人類に残酷な核惨禍を浴せかけた唯一の核戦犯国であり、世界的な核拡散犯罪国であると暴露した。

また、現実は、核で世界を併呑しようとする米国の野望には変わりがないということを立証しているとし、次のように強調した。

米国が核で世界の平和を蹂躙(じゅうりん)してきた自分らの歯ぎしりする罪悪は棚上げにし、かえって他国に言い掛かりをつけながら「世界の平和と安全保障」の看板の下で核実験の再開を合理化しようとすることこそ、ヤンキー式破廉恥さの極みである。

世界の全ての国が自分らの核のこん棒に怖気づいて奴隷に生きるか、でなければ死ぬべきだというのが、米国の白昼強盗さながらの論理である。

世界の平和と安全を脅かす張本人、最大の癌的存在は、ほかならぬ米国である。---

    関連記事