朝鮮労働党の創立72周年に際し、ラオスのブンニャン・ヴォーラチット国家主席(ラオス人民革命党書記長)、パレスチナのマフムード・アッバース大統領が金正恩党委員長に祝電を寄せた。朝鮮中央通信が8日、10日に伝えた。

朝鮮中央通信が配信したそれぞれの報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長にラオス人民革命党中央委書記長から祝電

【平壌10月8日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長である最高指導者金正恩委員長にラオス人民革命党(LPRP)中央委員会のブンニャン・ウォラチット書記長から8日、祝電が寄せられた。

祝電の全文は、次の通り。

親しい金正恩同志

私は、朝鮮労働党創立72周年に際してラオス人民革命党中央委員会とすべての党員と人民、そして私自身の名義であなたと朝鮮労働党中央委員会のすべての活動家、すべての党員と兄弟的朝鮮人民に熱烈な祝賀とお祈りのあいさつを送る。

朝鮮労働党の果敢な指導の下で兄弟的朝鮮人民はこれまでの72年間、祖国防衛と強国建設の各分野で大きな成果を収めた。

このめでたい機会に私は、朝鮮労働党が第7回党大会の決定を貫徹して朝鮮人民に実質的な利益を与え、社会主義強国の建設と国の平和的統一を目指す偉業の遂行において成果を収めることを願う。

あなたが健康で、幸せであることと、崇高な偉業の遂行において成果があることを願う。

ラオス人民民主共和国と朝鮮民主主義人民共和国の両党、両国家、両国人民間の長い伝統を持つ友好関係が地域と世界の平和と親善、協力関係発展に合致するように引き続き強化され、発展することを願う。---

金正恩国務委員長にパレスチナ大統領から祝電

【平壌10月10日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で国務委員会委員長である最高指導者金正恩同志に、パレスチナ解放機構(PLO)執行委員会議長であるマハムード・アッバス大統領から10日、祝電が寄せられた。

電文は、次の通り。

敬意を表する。

私は、朝鮮労働党の創立日に際してパレスチナ国家と人民、わたし自身の名義で閣下と、そして閣下を通じて貴国政府と友好的な貴国人民に心からの最も熱烈な祝賀を送ることになるのを嬉しく思う。

われわれは、閣下と、そして貴国と貴国人民にさらなる進歩と繁栄があることを願う。

われわれは、あなたたちが国際舞台で自由と独立を成し遂げるために長きにわたる闘争を展開しているわがパレスチナ人民を支持し、連帯を表していることに対して高く評価する。

われわれは、わが両国人民間に結ばれた歴史的な友好関係を大事にし、両国人民の福利と共同の利益に即して強化、発展させていくということを確言する。

閣下が健康で幸せであることと、成果を収めることを心から祈る。---

    関連記事