北朝鮮の金正恩党委員長が7日、朝鮮労働党中央委員会第7期第2回総会の参加者と共に、錦繍山(クムスサン)太陽宮殿を参拝した。朝鮮中央通信が8日、伝えた。

朝鮮労働党中央委員会総会の参加者と錦繍山太陽宮殿を参拝した金正恩氏(2017年10月8日付労働新聞より)
朝鮮労働党中央委員会総会の参加者と錦繍山太陽宮殿を参拝した金正恩氏(2017年10月8日付労働新聞より)

金正恩氏は、党中央指導機関のメンバーと共に、金日成主席と金正日総書記の遺体が安置されている永生ホールに入って敬意を表し、あいさつした。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮労働党中央委員会第7期第2回総会の参加者が錦繍山太陽宮殿を訪れて敬意表す

【平壌10月8日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会第7期第2回総会の参加者が7日、錦繍山太陽宮殿を訪れて敬意を表した。

最高指導者金正恩党委員長が、党中央委員会第7期第2回総会の参加者と共に錦繍山太陽宮殿を訪れた。

党中央指導機関のメンバーは、金正恩委員長と共に金日成主席と金正日総書記の立像に花籠を献じた。

続いて、主席と総書記の立像を仰いで敬意を表した。

党中央指導機関のメンバーは、金正恩委員長と共に主席と総書記が生前の姿で安置されている永生ホールに入って敬意を表し、あいさつした。---

    関連記事