北朝鮮は、国際社会による経済制裁によって、外貨稼ぎに四苦八苦している。こうした中、北朝鮮の秘密警察や朝鮮労働党は庶民がタンス預金として貯めていた外貨を絞り取ろうと躍起になっている。

韓国の大手紙、朝鮮日報は、北朝鮮当局のあこぎな手口について次のようなエピソードを伝えている。