北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は27日、米国を嘲笑する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、米下院外交委員会委員長が、「北朝鮮の核・ミサイル開発からくる脅威を防ぐための米国とその同盟国の努力が極度に発揮されなければならない、北朝鮮の外貨収入が『アキレス腱』だの、何のと力説した」と指摘した。

つづけて、「朝鮮の威力の源泉がどこにあるのかも知らずにむやみに言い散らす米国政客らの『知識自慢』はそばで聞くにもきまり悪いほどだ」と嘲笑した。