北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は26日、米国に対して警告する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「今まで米国が核問題を口実にして反共和国制裁と軍事的圧迫にヒステリックに執着してきたが、偉大な並進の旗印に従って国家核戦力完成の目標に向かって力強く進んでいる先軍朝鮮の行く手を遮ることはできなかった」と指摘した。

また、「米国の老いぼれ戦争狂をはじめとする好戦狂らはいまだに気を確かに持てず、『軍事的対応』だの、何のとして狂態を演じているのは共和国に対する軍事的威嚇と圧迫をよりいっそう強化して朝鮮の軍隊と人民の信念と意志を揺さぶり、ひいては北侵核戦争の火ぶたを切ろうとする極めて愚かな妄動である」と非難した。

その上で、「米国なる国が太平洋向こうにあるとはいうものの、決して安全な所ではなく、朝鮮に対するいかなる軍事的選択も米国の終局的破滅を招くことになるだろう」と威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 朝鮮に対する米国の「軍事的対応」は終局的滅亡の道

【平壌9月26日発朝鮮中央通信】26日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、朝鮮に対する米国の「軍事的対応」は終局的滅亡の道であると警告した。

論評は、戦争熱に浮ついた米帝好戦狂らが朝鮮に対する「軍事的対応」案を再び持ち出して虚勢を張っていることについて資料を挙げて暴露した。

また、トランプ一味が朝鮮に対するいわゆる「軍事的対応」について口々に唱えているのは米帝好戦層が内外の強い抗議、糾弾にもかかわらず、北侵核戦争の挑発を企てながら軍事的冒険の道に踏み出しているということを物語っていると暴いた。

そして、今まで米国が核問題を口実にして反共和国制裁と軍事的圧迫にヒステリックに執着してきたが、偉大な並進の旗印に従って国家核戦力完成の目標に向かって力強く進んでいる先軍朝鮮の行く手を遮ることはできなかったと指摘した。

続けて、ところが、米国の老いぼれ戦争狂をはじめとする好戦狂らはいまだに気を確かに持てず、「軍事的対応」だの、何のとして狂態を演じているのは共和国に対する軍事的威嚇と圧迫をよりいっそう強化して朝鮮の軍隊と人民の信念と意志を揺さぶり、ひいては北侵核戦争の火ぶたを切ろうとする極めて愚かな妄動であると糾弾した。

論評は、米国なる国が太平洋向こうにあるとはいうものの、決して安全な所ではなく、朝鮮に対するいかなる軍事的選択も米国の終局的破滅を招くことになるだろうと主張した。---

    関連記事