北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は26日、米国に対して警告する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「今まで米国が核問題を口実にして反共和国制裁と軍事的圧迫にヒステリックに執着してきたが、偉大な並進の旗印に従って国家核戦力完成の目標に向かって力強く進んでいる先軍朝鮮の行く手を遮ることはできなかった」と指摘した。