北朝鮮の金正恩党委員長が21日、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長名義でトランプ米大統領を非難する声明を発表した。朝鮮中央通信が22日、配信した。

トランプ氏は19日に行った国連総会での一般討論演説で、「米国と同盟国を守ることを迫られれば、北朝鮮を完全に破壊する以外の選択はない」と発言していた。金正恩氏の声明は、これに反発するものだ。

(関連記事:トランプ氏「完全に破壊」発言は北朝鮮国民にどんな影響を与えているか

金正恩氏は、「米国執権者は情勢の緩和に役立つそれなりに説得力のある発言はおろか、わが国家の『完全破壊』という歴代のどの米大統領も口にしなかった前代未聞の横暴非道な気違いじみた発言を行った」とし、「怖じ気づいた犬がもっと吠え立てるものである」と非難した。