北朝鮮の建国69周年に際し、エジプトのアブドゥルファッターハ・エルシーシ大統領、モンゴルのハルトマー・バトトルガ大統領、アゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領、チュニジアのベジ・カイド・エセブシ大統領が金正恩党委員長に祝電を寄せた。朝鮮中央通信が18日、伝えた。

朝鮮中央通信が配信したそれぞれの報道全文は次のとおり。

金正恩国務委員長にエジプト大統領から祝電

【平壌9月18日発朝鮮中央通信】朝鮮の最高指導者である共和国国務委員会の金正恩委員長にエジプトのアブデルファタハ・サイード・シシ大統領から9日、祝電が寄せられた。

祝電は、次の通り。

私は、朝鮮民主主義人民共和国創建記念日に際して閣下に心からなる祝賀を送ることになるのをとても嬉しく思う。

私はこの機会に、わが両国間の立派な双務協力関係を各分野にわたっていっそう発展させていくために積極的に努力することを確言する。

私は、あなたが健康で幸福であることと、あわせて友好的な貴国人民にさらなる進歩と繁栄があることを願う。---

金正恩国務委員長にモンゴル大統領から祝電

【平壌9月18日発朝鮮中央通信】朝鮮の最高指導者である共和国国務委員会の金正恩委員長にモンゴルのハルトマー・バトトルガ大統領から9日、祝電が寄せられた。

祝電は、次の通り。

私は、朝鮮民主主義人民共和国創建69周年に際して尊敬するあなたと、あなたを通じて朝鮮人民に心からなる祝賀を送る。

私は、モンゴルと朝鮮民主主義人民共和国間の友好・協力関係が地域の平和と安定に合致するように拡大、発展すると確信する。

私は、尊敬するあなたが健康で幸せであることと、国の隆盛・発展のための勤勉な朝鮮人民の偉業において大きな成果があることを願う。---

金正恩国務委員長にアゼルバイジャン大統領から祝電

【平壌9月18日発朝鮮中央通信】 朝鮮の最高指導者である共和国国務委員会の金正恩委員長にアゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領から6日、祝電が寄せられた。

祝電は、次の通り。

私は、民族的祝日である朝鮮民主主義人民共和国の創建日に際して、私とアゼルバイジャン人民の名義であなたに心からなる祝賀を送る。

この意義深い日を迎えて私は、あなたに最も立派な祈りを送り、友好的な朝鮮民主主義人民共和国の人民に平和と進歩があることを願う。---

金正恩国務委員長にチュニジア大統領から祝電

【平壌9月18日発朝鮮中央通信】朝鮮の最高指導者である共和国国務委員会の金正恩委員長にチュニジアのモハメド・アル・ベジ・カイド・エッセブシ大統領から11日、祝電が寄せられた。

祝電は、次の通り。

私は、朝鮮民主主義人民共和国国慶節に際して閣下に最も熱烈な祝賀と祈りを送ることになるのをうれしく思いつつ、閣下の健康と幸福、あわせて友好的な朝鮮人民にさらなる進歩と発展があることを心から願う。―――

    関連記事