北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は15日、日本の航空自衛隊が、米軍の横田基地(東京都)や三沢基地(青森県)で、地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」の機動展開訓練を行ったことを非難する署名入りの論評を配信した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「今回もずる賢い日本が朝鮮の『ミサイル脅威』を掲げたが、それは羊の頭を掛けて馬の肉を売ること同様である」と述べた。

また、「日本は、迎撃ミサイル展開訓練とタイミングを合わせて南シナ海紛争水域で攻勢的な軍事行動を取っている」と指摘した。