北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は6日、韓国の文在寅政権を糾弾する署名入りの論評を掲載した。朝鮮中央通信が同日、伝えた。

論評は、文在寅大統領が北朝鮮の核問題をめぐり、「『制裁と対話が同伴』する時『問題解決の道が開かれたことを見せた』などと自分なりのたわごとを吐いた」、「『非核化と南北関係改善のための努力』は『相互補完的役割』をしながら行われなければならないと力説した」と指摘した。

これに対して、「身のほどをわきまえず、あわてふためく無知な行動であり、誰にも通じない愚かな寝言だと言わざるを得ない」と嘲笑した。

また、「南朝鮮当局が『北の核問題解決』を固執すればするほど、北南関係がもっと複雑になり、しまいには完全に破たんしてしまうということが歴史の教訓である」と述べた。

そのうえで、「南朝鮮当局が『北の核問題解決と南北関係発展の並行推進』だの、何のというでたらめなほらを吹き続けていれば、任期全期間われわれとまともな対話を一度もできずに悲惨な終えんを告げた朴槿恵逆徒の轍を踏むことになるであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 「北の核問題解決と南北関係発展の並行推進」ほらを吹く南朝鮮当局を糾弾

【平壌9月6日発朝鮮中央通信】南朝鮮当局者らがいわゆる「北の核問題解決と南北関係発展の並行推進」なるものを持ち出して世論を汚している。

南朝鮮の執権者は折に触れ、「北の核問題」の歴史は「制裁と対話が同伴」する時「問題解決の道が開かれたことを見せた」などと自分なりのたわごとを吐いたかとすれば、先日、かいらい外交部と統一部の業務報告に続いて行われた討論なるものでも、「非核化と南北関係改善のための努力」は「相互補完的役割」をしながら行われなければならないと力説した。

6日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは身のほどをわきまえず、あわてふためく無知な行動であり、誰にも通じない愚かな寝言だと言わざるを得ないと嘲笑(ちょうしょう)した。

論評は、南朝鮮当局が「北の核問題解決」を固執すればするほど、北南関係がもっと複雑になり、しまいには完全に破たんしてしまうということが歴史の教訓であると指摘した。

にもかかわらず、南朝鮮当局が「北の核問題解決と南北関係発展の並行推進」などとけん伝するのは、朝鮮半島の核問題の原因と本質も知らず、北南関係改善の根本障害が何かも知らない愚昧と無知の極致だと言わざるを得ないと非難し、次のように強調した。

南朝鮮当局者らは真黒な腹に似合わない言葉遣いをいい加減にしなければならない。

南朝鮮当局が「北の核問題解決と南北関係発展の並行推進」だの、何のというでたらめなほらを吹き続けていれば、任期全期間われわれとまともな対話を一度もできずに悲惨な終えんを告げた朴槿恵逆徒の轍(てつ)を踏むことになるであろう。

南朝鮮当局はこれを銘記し、分別のある行動を取るべきである。---

    関連記事