北朝鮮の国営メディアは3日午後3時(日本時間午後3時30分)、重大報道を通じて大陸間弾道ミサイル(ICBM)装着用水爆の実験で「完全に成功した」とする朝鮮民主主義人民共和国核兵器研究所の声明を伝えた。

声明は、「朝鮮労働党の戦略的核戦力建設構想に従って、われわれの核科学者たちが9月3日12時、わが国の北部核実験場で大陸間弾道ロケット装着用水爆の実験を成功裏に断行した」とし、「今回の水爆実験は、大陸間弾道ロケット戦闘部に装着する水爆の製作に新たに研究、導入した威力制御技術と内部構造設計方案の正確性と信頼性を検討し、確証を得るために行われた」と述べた。