ジュネーブ国連事務局および国際機構駐在朝鮮常任代表は29日、ジュネーブ軍縮会議第3期総会で、朝鮮半島情勢を緊張させているのは、「わが共和国に対する極端な核威嚇・恐喝をこととしている米国である」と非難した。朝鮮中央通信が先月31日、伝えた。

ジュネーブ軍縮会議は、スイスのジュネーヴに置かれている常設の会議機関。軍縮協定について審議する唯一の多国間交渉を行う機関である。

常任代表は、毎年行われている米韓合同軍事演習が「侵略的で挑発的な性格を帯びており、それは朝鮮半島に核戦争勃発の危機をもたらし、地域と世界の平和と安全を危うくしている」と指摘した。