人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、「われわれがそれに強力な対応措置を取るのは当然な自衛権行使となり、それから招かれる破局的結果に対する責任はわれわれとの軍事的対決を選択した米国が全的に負うことになるであろう」と主張した。

そのうえで、「われわれは米国の反共和国敵視政策と核威嚇が続く限り、自衛的核抑止力を協商のテーブルに上げないし、われわれが選択した国家核戦力強化の道からたった一寸も退かない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事