北朝鮮の朝鮮中央通信は30日、韓国政府が「自分が死ぬことも知らず、愚かに振る舞っている」と非難する論評を配信した。

論評は、韓国の文在寅大統領が「米国と結託して『ウルチ・フリーダム・ガーディアン』合同軍事演習を行って朝鮮半島の危機を最悪の爆発直前に追い込んでいる」と述べた。

つづけて、「われわれの核戦力は外部勢力の侵略と干渉から朝鮮民族の自主権と生存権を守るための霊剣であり、最も頼もしい戦争抑止力である」と主張した。