人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、「こんにちの明るい世界で凶悪極まりない戦争ヒステリーを振るいながらも『平和の守護者』と強弁を張っていわゆる『安保危機』についてけん伝するのは、ただ戦争国家である米国とそれに追従する手先らだけである」と強調した。

さらに、「米国の無謀な『予防戦争』『先制攻撃』企図を朝鮮式の正義の全面戦争、より先んじた先制攻撃で粉砕するのが朝鮮の変わらない立場であり、徹底的な対応方式である」と述べた。

そのうえで、「南朝鮮当局は、自分の目で世界の面前で悲惨な運命の分分秒秒を苦しく送っている愚かで間抜けな上司をもう一度振り向く必要があるであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事