人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、「南朝鮮を訪問した米軍部首かいらを火の中に飛び込む火取り虫としか見なさない」と強調した。

さらに、「われわれは、間抜けな米国の対策のない狂気によって最悪の爆発ラインへ突っ走っている現情勢を絶対に袖手傍観せず、より強力な超強硬措置で対応していくであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事