今回の朝鮮語放送開始は、12カ国語での放送を新設するというBBCワールドサービスの拡大方針に基づく。英国政府は、2億8900万ポンド(約406億6000万円)の予算を割り当て、BBCは新たに1400人を雇用するという。

朝鮮語放送を開始する理由について、アンズワース局長は次のように説明した。

「(権力から)独立したニュースを最も求めている人の元に届けるのが、BBCの一番の使命だ」
「北朝鮮の人々が得られる情報が、あの女性が毎日テレビで言っていることだけというのはひどい」

あの女性とは、朝鮮中央テレビの李春姫(リ・チュニ)アナウンサーのことを指すと思われる。

    関連記事