北朝鮮の金正恩党委員長は15日、朝鮮半島が日本統治から解放されてから72周年に際し、ロシアのプーチン大統領に祝電を送った。同日、朝鮮中央通信が報じた。

プーチン氏は11日、金正恩氏に祝電を送っている。

金正恩氏は祝電で「私は、峻厳な抗日大戦の日々に共同の闘争でもたらされた朝露親善関係が両国人民の利益に即して変わることなく強化し、発展するとの確信を表明する」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩国務委員長がロシア大統領に祝電

【平壌8月15日発朝鮮中央通信】朝鮮の最高指導者である国務委員会の金正恩委員長が15日、ロシアのウラジーミル・V・プーチン大統領に祝電を送った。

祝電は、次の通り。

私は、朝鮮解放72周年に際してあなたと、そしてあなたを通じて友好的な貴国人民に温かいあいさつを送る。

私は、峻厳な抗日大戦の日々に共同の闘争でもたらされた朝露親善関係が両国人民の利益に即して変わることなく強化し、発展するとの確信を表明する。

私はこの機会に、強いロシアを建設するためのあなたの責任ある活動で成果があることを心から願う。

    関連記事