北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は10日、日本の安倍政権が、北朝鮮の脅威を極大化して「不純な政略実現の口実にしようとしている」と非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「日本が誰それの『脅威』をうんぬんし、それに対処すると大騒ぎを起こしている」としながら、「これは日本こそ上司を守ると吠え立てて醜い牙をむき出す番犬だということを如実にさらけ出すだけだ」と主張した。

また、「日本の現当局は、憲法改悪に反対する国内の民心を変えようとわが共和国の『脅威』を極大化している」と指摘した。

そのうえで、「もし、日本がわが国家をむやみに侵害しようとする米国の策動に相づちを打って凶悪にのさばるなら、上司よりもっと悲惨な運命に瀕しかねない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 日本のたわいないあがきを非難

【平壌8月10日発朝鮮中央通信】日本が誰それの「脅威」をうんぬんし、それに対処すると大騒ぎを起こしている。

10日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは日本こそ上司を守ると吠え立てて醜い牙をむき出す番犬だということを如実にさらけ出すだけだと主張した。

また、今、日本は旧態依然とし、時代錯誤の考え方から脱せず、共和国の戦略的核戦力強化措置を「脅威」に描写し、それを不純な政略実現の口実にしようとしていると暴き、次のように指摘した。

日本の現当局は、憲法改悪に反対する国内の民心を変えようとわが共和国の「脅威」を極大化している。

むしろ、そのような妄動は民心を失う行為である。

現行憲法を戦争憲法に切り替えるといって日本の前途が明るくならない。

もし、日本がわが国家をむやみに侵害しようとする米国の策動に相づちを打って凶悪にのさばるなら、上司よりもっと悲惨な運命に瀕しかねない。

論評は、日本の反動層がいくらあがいても過去の帝国時代を絶対に復活させられないと強調した。

    関連記事