人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

一方で、オマーンは昨年12月、300人の北朝鮮労働者を追放しており、現在残っているのは80人に過ぎないと説明した。

(関連記事:オマーン政府、北朝鮮労働者を帰国させる

記事が名指ししたもう一つの国は、カタールだ。

2022年のサッカーのワールドカップの開催が決まっている同国では、2000人の北朝鮮労働者がスタジアムの建設に従事している。

    関連記事