北朝鮮外務省のスポークスマン(報道官)は30日、28日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型の2回目の発射を強行したことについて、「自主的尊厳と威容を再度全世界に誇示した壮快な勝利となる」と主張する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

報道官は、「今回の試射を通じて任意の地域と場所で、任意の時刻に大陸間弾道ロケットを奇襲発射することのできる能力が誇示され、米本土全域がわれわれの射程圏内にあるということがはっきり実証された」と主張した。

また、発射の目的について「わが共和国に反対する制裁・圧迫騒動に狂奔しながらばかばかしいほらを吹く米国に厳重な警告を送るためである」と強調した。