北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は25日、朝鮮中央通信の質問に答える形で、米中央情報局(CIA)のマイク・ポンペオ局長が、金正恩党委員長の除去について発言したことを非難した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米トランプ政権は、5月に掲げた対北朝鮮政策の4大方針で「北朝鮮の政権交代を推進しない」としていた。一方、韓国の大手紙・朝鮮日報によると、ポンペオ氏は米コロラド州で開かれた安全保障フォーラムで、「(トランプ)政権の観点で最も重要なことは、核の能力と核を使用する人物を切り離すことだ」と発言。金正恩氏を除去する可能性を示唆した。

報道官は、ポンペオ氏の発言に対して「寝言にすぎないが、その度合いを超え、今やトランプ行政府の対朝鮮敵視政策の最終目標がわれわれの『政権交替』にあるということが明白になった」と指摘した。

また、「朝鮮民主主義人民共和国は、国の最高の尊厳が脅かされる場合、それに直接または間接的に加担した国と対象は核攻撃手段を含む全ての攻撃手段を総動員して先制掃滅するように法律的に規制している」と主張した。

そのうえで、「米国があえてわが最高首脳部をどうにかしてみようとするいささかのきざしでも見せるなら、われわれはいままで打ち固めてきた強力な核の鉄槌で米国の心臓部を無慈悲に打撃するであろう」と警告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省代弁人 われわれの「首脳部除去」を云々したCIA局長の妄言を糾弾

【平壌7月25日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは米中央情報局(CIA)の局長があえてわれわれの「首脳部除去」について云々したことに関連して25日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

去る20日、CIA局長のポンペオは民間団体が催した安保フォーラムで「北朝鮮の核問題で最も危険なのは核兵器の統制権限を掌握した人物の気質」であり、情報機関と国防総省が「核兵器とそれを使用する意図を持つことのできる人物」を分離させられる方途を研究中だとし、不作法にもわれわれの「首脳部除去」について云々した。

局長の妄言が、われわれの核攻撃能力が日々強化するのに業を煮やした者の寝言にすぎないが、その度合いを超え、今やトランプ行政府の対朝鮮敵視政策の最終目標がわれわれの「政権交替」にあるということが明白になった。

米国の対外情報を総轄するという者がわが軍隊と人民を最高首脳部と切り離すことができると妄想するのはわれわれに対する無知蒙昧の表現であり、米情報界の水準がどの程度なのかを赤裸々に見せている。

米国の歴代行政府が今までの朝米対決で失敗を繰り返さざるを得なかったのも、ほかならぬそのような愚かな米情報界の「功労」と言える。

わが軍隊と人民は、わが最高首脳部を切り離して自分の運命について、未来について考えてみたことがない。

核戦力を中枢とするわが革命武力の第一の使命は、領袖決死擁護にある。

朝鮮民主主義人民共和国は、国の最高の尊厳が脅かされる場合、それに直接または間接的に加担した国と対象は核攻撃手段を含む全ての攻撃手段を総動員して先制掃滅するように法律的に規制している。

われわれの最高首脳部をどうにかしてみようとする者はどこにいようと、探し出して一人残らず掃滅するというのがわが軍隊と人民の絶対不変の意志である。

局長の妄言を通じて、われわれはあらゆる難関と試練を乗り越えて核戦力完成の歴史的大業を成就したのがいかに正当であるのかを再び痛感した。

米国があえてわが最高首脳部をどうにかしてみようとするいささかのきざしでも見せるなら、われわれはいままで打ち固めてきた強力な核の鉄槌で米国の心臓部を無慈悲に打撃するであろう。

永遠のわれらの太陽、わが民族の生の全部であるわれわれの最高首脳部に向かってあえて拳を振った結果がどんなに破局的で悲惨なものかをポンペオのような者は骨身に染みるほど体験することになるであろう。

    関連記事