金正恩政権も手を焼く北朝鮮版「半グレ」の正体

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の北東部、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の清津(チョンジン)市で強盗事件や窃盗事件が多発している。住民は戦々恐々としているが、保衛署(警察署)は手をこまねいてみているだけで、取り締まりすらしようとしない。

現地のデイリーNK内部情報筋によると、市内全域で最近、武装スリ団が通行人のカバンを刃物で切って中のものを盗んだり、空き巣に入ったりする事件が続発している。夜道では毎晩のように被害者の悲鳴が聞こえるありさまだという。

この一団は20代中盤までの、成長して「半グレ」と化したコチェビ(ストリートチルドレン)のグループと思われ、緻密な計画のもとに組織的に行動している。小奇麗な格好をしているため、まさか窃盗団だとは気づかれないという。

    関連記事