北朝鮮の朝鮮中央通信社は27日、米国のドナルド・トランプ大統領が掲げる「米国第一主義」を非難する資料論説を発表した。

資料論説は、米国第一主義について「米国の利益のためには、他の国と民族の自主権と生存権、発展権を踏みにじってもかまわないという極端な侵略思想、排外主義を扇動する反動的思想潮流である」と指摘した。

つづけて、「その悪らつさと残忍性、排他的性格において20世紀のファシズムをしのぐ米国版ナチズムである」「ヒトラーの世界征服構想と同様、軍事的方法による世界制覇を公言して国際社会と自国民の糾弾をかき立てている」と非難した。