北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞と内閣機関紙・民主朝鮮は26日、韓国軍と韓国政府を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

韓国軍当局は、北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃する韓国型ミサイル防衛(KAMD)を構成する中距離地対空誘導弾(M-SAM)システムの開発を終え、早ければ来年にも実戦配備すると明らかにしていた。

労働新聞は、こうした動きに対して「共和国に対する先制攻撃計画を後押しするためである」と指摘した。