北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は23日、「体制対決の最後は、物理的衝突である」としながら文在寅政権を威嚇する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「反共和国制裁と圧迫は、米国の対朝鮮敵視政策をそっくり受け入れた反民族的売国妄動として公然たる同族対決宣言となる」と述べた。

また、「南朝鮮当局が心から北南関係を改善して平和と統一の広い道を開いていく意志があるなら、外部勢力と結託して同族に反対する一切の敵対行為を中止すべきである」と主張した。