北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は19日、日本の反動層が対北朝鮮追加制裁を検討していると非難する論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「これは過去、わが人民に働いた罪悪に新たな罪悪を上塗りしてわれわれの核砲火を自ら招く島国の火取り虫の愚かな自滅行為である」と警告した。

また、「共和国の核抑止力強化は米国の増大する対朝鮮軍事的圧殺策動から国の自主権と地域の平和と安定を保証するための至極正当な自衛的措置である」と主張した。

さらに、「日本が米国の対朝鮮敵視政策に便乗してわれわれに対する制裁・圧迫劇に盲従するほど、それはわれわれの打撃目標の中に自ら頭を入れる自滅行為にしかならない」と述べた。

そのうえで、「朝米間の対決が火と火が行き交う実際の戦争に広がるなら、われわれとの対決を請った日本列島は自然にわれわれの主な標的となって甚大な打撃を免れられなくなっている」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 日本の反共和国制裁・圧迫は自滅行為

【平壌6月19日発朝鮮中央通信】最近、日本の反動層が共和国の核抑止力強化を遮断させるという口実の下で独自の対朝鮮追加制裁を検討する、有象無象の国々を国際的な反共和国圧迫共助体制に引き入れると騒ぎ立てている。

19日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、これは過去、わが人民に働いた罪悪に新たな罪悪を上塗りしてわれわれの核砲火を自ら招く島国の火取り虫の愚かな自滅行為であると警告した。

論評は、共和国の核抑止力強化は米国の増大する対朝鮮軍事的圧殺策動から国の自主権と地域の平和と安定を保証するための至極正当な自衛的措置であると明らかにした。

また、われわれがとらえた自衛的核抑止力によって地域の平和が維持されている状況の下で日本の反動層としてはわれわれの核およびロケット開発の努力についてどうのこうのとけなす何らの理由がないとし、次のように強調した。

日本が米国の対朝鮮敵視政策に便乗してわれわれに対する制裁・圧迫劇に盲従するほど、それはわれわれの打撃目標の中に自ら頭を入れる自滅行為にしかならない。

日本がわれわれの重なる警告にもかかわらず、やっきになってわれわれとの対決の場に出ようとするなら、われわれとしてもどうしようがない。

朝米間の対決が火と火が行き交う実際の戦争に広がるなら、われわれとの対決を請った日本列島は自然にわれわれの主な標的となって甚大な打撃を免れられなくなっている。

日本はわれわれのこの警告を聞き流さず、重く受け入れなければならない。

    関連記事